fc2ブログ

Entries

産業教育学習発表会

先週は8回目の土曜授業、「産業教育学習発表会」でした。


宗谷中学校が50年前に開校してから、
脈々と受け継がれている「産業教育」。

地域の産業である漁業の後継者を育成する教育として
先進的な取り組みが、始まって現在まで受け継がれています。

今では「総合的な学習」の宗谷中の取り組みとして、
「1年間の実践のまとめ」の学習発表会となっています。

昨年は、開校五十周年記念式典と合わせて行ったため、盛大なものになりました。
今年は51年目として、どのようなものになったのか、お伝えします。


まずは、3年2組の「職場実習発表」。
宗谷管内の中学校が合同で、6月に行っている「猿払実習」が都合で中止となり、
2組が単独で、実習を行いました。
産教発表会 (1)

2日間、稚内木馬館という授産施設で、他の利用者さんにも助けられ、
昼には一緒に関わりあいながら、2日間集中して取り組む様子を発表しました。

一生懸命に働くこと、仲間と助け合うこと、余暇も楽しむことが、
しっかりと感じられたようです。

今は、12月2日に行われる「手をつなぐ子らの作品展」の準備で大忙しです。
彼らが創った作品の即売会も行われます。
このブログをお読みの方も、時間がありましたら足を運んでみて下さい。




当日集まった保護者の方々、地域や関係者の皆様は30名ほど。

でも、1年間の実践を考察し、周りへと発信するこの機会(校長先生の挨拶より)に、
これだけの人が来てくれたことが、生徒達だけでなく先生方にとってもうれしかったです。
産教発表会 (1-0)

旧PTA会長、前任校長、新聞記者、地域FM曲のFMわっぴ~さんも来てくれました。


最初は1年生の発表

 「漁労を学習した1年生」は、エビ籠作りとエビ籠漁を通じて、
仕事に使う漁具をつくり、実際のエビ漁と通して、
「お父さん達がどのように仕事につき、毎日頑張っているか」を学び発表しました。

また9月の宿泊学習では、「酪農体験」は出来ませんでしたが、
養鶏場でのお手伝いや食事作り、稚内市内散策を通して、
自分たちの街と産業について学んだようです。
産教発表会 (1-1)

特に、今年から中学1年生を対象に市内5中を集めて、11月に実施した
「ジョブフェア」(市内小中企業の合同説明会)でも、
「地元で働く気持ち」がいっそう強くなったそうです。

聞いている保護者も、感じるものがあったようです。
産教発表会(1-2)

個性豊かな1年生。これからの成長に期待が持てる、そんな発表でした。


続いて「水産加工を学習した2年生」
11名で協力しての発表でした。
産教発表会 (2)

タコの燻製をどのように製造するのかを、実演で紹介しました。
産教発表会 (3)

タコの皮をむき、中心の随(ずい)を取り除き、3枚おろしにする…
3名の実演、完璧でした!

未来の立派な漁師です。
産教発表会 (8)

タコを燻製する味付けを「焼き肉のたれ味」としましたが、
地域配布した際の「地域の皆さんの声」を参考に、再度改良して燻製を作りました。

来てくれた皆さんに食べて貰いました。(これを楽しみにしている方も)
産教発表会 (9)

産教発表会 (10)
ニンニクの効いた美味しい味でした。

上級生の発表を通して、来年度、水産加工の中心となる今の1年生が、
どのように感じたかも、立派な学習となっています。


最後に「販売…流通を学習した3年生」の発表。
産教発表会 (4)

ホタテ燻製を作り、修学旅行では、札幌のスーパーで販売実習を行ったこと、
また市内のダイニング「ユーダリル」さんで、ホタテの料理を学び、
スーパーでその動画を流したことも発表しました。

今年の発表は、それを踏まえての新企画。 
「発表しながらホタテのアヒージョを実演調理する」という試み。

会場では、「料理の鉄人」のBGMが流れ、
会場の大人達の笑いを誘っていました。(生徒達は当時を知りませんので…)
産教発表会 (11)

 販売実習での感想として、
沢山のお客さんが来て、素早くホタテを剥かなければいけないこと、
多様なお客さんの要望があるので、無理なことや小言を言われても、それにも負けない強い気持ちを持つこと、
など、来年の3年生に向けて、発表しました。


その報告の最中にも、オリーブオイルの音がジュ~(会場、笑い)


「チーン」とチャイムが鳴り、アヒージョが完成しました。

会場の方、2名が実食。 

鉄人自ら、料理を取り分けます。(懐かしい実況)

産教発表会 (13)

来て下さった保護者の声の中にも、「今晩、アヒージョ作ってみます!」との声がありました。
こんな学習も楽しいですね。

産教発表会 (14)


最後に、ゲストアドバイザーの市役所建設産業部水産商工科の手塚課長さんから
講評を頂きました。

市役所の水産商工科は、「稚内ブランド」という地域の名産品や特産物を宣伝している事務局、
そして1年生でお世話になった「ジョブフェア」の担当部署でもあり、とってもお世話になった方でした。

産教発表会 (15)

手塚課長さんからの言葉は、「感想です。」と謙遜しながらも、
これまでの宗谷中の取り組みを再認識するものでした。

産業教育学習は、学校教育で進めている「キャリア教育」において、非常に意義深いものであること。
そして体験学習で終わらせず、「学んだことをまとめることで、生徒が深く学ぶことができる」。

その上で、50年間も実践が行われ、その活動によって地域の働き手が育ち、
後継者育成の精神が、地域からPTAから学校への協力で受け継がれていること、


この実践を、今後とも大事に進めてほしい。

そんな「学校教育と地域の関わり」を再認識する言葉を頂きました。

手塚課長様、本当にありがとうございました。
産教発表会 (16)


稚内も昨日から本格的な雪が降り、
昼から先生方の研究会のため午前授業だったのですが、
吹雪になるときもありました。

宗谷中も校内があっという間に寒くなりました。
来週は期末テストもありますが、
体調を壊さないよう、残り2学期4週間、頑張りましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

soyajhs

Author:soyajhs
本サイトでは日本最北端の地、稚内市宗谷岬の近くに位置する宗谷中学校についての情報を発信しています。

カテゴリ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター